東洋医学(整体、推拿、骨気、吸玉)を学べる大阪・難波 オリエントセラピースクール

【お問い合わせ・資料請求】06-6632-6662 【受付時間】月~金 9:00~20:00 土・日 10:00~17:00
【お問い合わせ・資料請求】06-6632-6662 【受付時間】月~金 9:00~20:00 土・日 10:00~17:00
MENU

スクールブログ

『中国式リフレクソロジーコース~推拿足底健康法~』のご紹介♫

2019年10月06日

今回は当校オススメの

『中国式リフレクソロジーコース~推拿足底健康法~』

のご紹介です♪

 

オリエントの『リフレクソロジーコース』は、

東洋医学とリフレクソロジーを組み合わせた独自の手法です!

 

足裏から膝までを施術で、片足なんと約90工程!!!

終わった後は足だけでなく、身体全体すっきりします(^^)

 

というのも、

リフレクソロジーは「反射区療法」のことで、

足裏の各臓器や器官に対応している部分を「反射区」と呼び、

足裏を刺激することで臓器や器官に働きかけることが出来るのです。

 

 

・・・なんてすばらしい(笑)

島田先生もリフレクソロジーは大好きで、

上海研修に行った時は滞在中毎晩リフレを受けにお店を徘徊するそうです(笑)

 

 

 

さて、それでは

当校の「リフレクソロジーコース」の一部をご紹介~♫

 

 

まずはお湯で足を洗います。

踵から指先・指の間まで、丁寧に丁寧に。けれどしっかりと!

 

この時のお湯の温度も大事です!

熱すぎてもだめ、ぬるくてもだめ。ちょ~どいい温度にします!

もちろん温度計などはないので、我がの手の感覚で!

これがなかなか皆さん苦労なさってます(^^;)

卒業までに、絶妙な温度がつくれるように頑張りましょうね♪

 

 

そして、足裏刺激!

刺激する場所が1cm・・・いえ、5mmずれるだけでも、効果は激減!!!

しっかりとピンポイントで刺激できるように練習します。

「そこあと5mm上!」という声をかけます(^^♪

 

 

こちらが反射区の一部です。

人気の体表解剖は、決してボディだけではございません!

足裏にもします( *´艸`)

反射区を細かく丁寧に、けれどしっかりと刺激。

授業は、生徒様同士ペアで(もしくはスタッフとペアで)練習をしていきます。

痛い場所や、触っていて少しゴリゴリとする場所を、お互い声を掛け合います。

人によって、痛い場所(弱っている場所)は異なるので、とても勉強になりますね!

また、足の大きさ等も人それぞれです。

どんな足でも対応できるように、様々な生徒様の足で練習していきます。

 

 

 

足底(足裏)と足背(足の甲)をしっかりと刺激した後は、ふくらはぎへの手技です!

 

・足の太陰脾経

三陰交、漏谷、地機、陰陵泉、血海

 

 

・足の陽明胃経

梁丘、足三里、上巨虚、条口、下巨虚、豊隆、解渓、衝陽(旧)

・足の少陽胆経

陽陵泉

・奇穴 蘭尾、胆嚢点

 

 

・足の少陰腎経

湧泉

 

これらの経絡をしっかり流し、経穴(ツボ)を捉えていきます。

 

・足の太陽膀胱経

委中、合陽、承筋、承山、飛揚

足の太陽膀胱経は、膝を立てて、直接見えない状態で捉えます!

 

 

経絡経穴だけでなく、

下腿三頭筋、いわゆるふくらはぎも色々な手技を用いてほぐしていきます!

 

 

 

足裏・ふくらはぎは『第二の心臓』と言われているぐらいとっても大事なんです!

 

不規則な生活、オーバーワーク、運動不足、睡眠不足、

エアコンの冷気などによる体の冷え・・・

その結果、

むくみ・便秘・肩こり・腰痛・冷え・月経痛などが引き起こされます。

心当たりのある方は多いのではないでしょうか。

 

 

これらの不調を改善するために重要なことは、

血行をよくし、新陳代謝を活発にさせて体内に蓄積した老廃物や毒素を排出することです!

 

足裏・ふくらはぎは『第二の心臓』と言われているのは、

足裏を刺激したり、ふくらはぎの筋肉が収縮することで

ポンプ作用により、心臓から足先へ流れた血液を再び心臓の方へ送り返すからです。

 

 

 

スキルアップのため、

新しいメニュー化のため、

自分自身や周りの方への健康維持のため、

リフレクソロジーをぜひ取り入れていきましょう!

 

 

ぜひオリエントへ学びに来てください♫

 

資料請求や授業見学など、随時受け付けております!

お気軽にお問合せください(^^)/

 

 

 

今日も最後までご覧いただき、

ありがとうございました(‘◇’)ゞ

 

 

オリエントセラピースクール

坂口 由貴子

 

ブログのTOPへ
06-6632-6662