推拿(すいな)、整体を学ぶなら、大阪・難波にあるオリエントセラピースクールへ

【お問い合わせ・資料請求】06-6632-6662 【受付時間】月~金 9:00~20:00 土・日 10:00~17:00
【お問い合わせ・資料請求】06-6632-6662 【受付時間】月~金 9:00~20:00 土・日 10:00~17:00
MENU

推拿とは

推拿の歴史

四千年の歴史を誇る整体最高峰の推拿療法。
中国では医療として公式に認められています。

推拿(すいな)は四千年の歴史を誇る中国固有の治療医術です。古くは「按摩」(『霊枢・九鍼論』)、「按蹻」(『素問・異法方宜論』)、「喬摩」(『霊枢・病伝』) と呼ばれ、中医古典にはこれらを用い、疾病を予防・治療したという数多くの記述が残っています。

日本にその技術が伝わったのは、隋・唐の時代(589〜907年)ですが、その後、時代の流れとともに発展し、按摩に代わって「推拿」という名称が初めて用いられるのは明の時代(1368〜1644年)、張介賓の『類経』と、同じ時代の龔雲林の『小児推拿秘旨』です。
現代の中国では医療機関において「推拿」が公式に採用されており、日本国内の「按摩」とは用法が異なるため、区別する必要があります。

推拿はその歴史の中で、整合性のある理論をもち、長年の臨床と研究を経て、多様で且つ、薬や器具を使わない安全な手技と即効性があることから、あらゆる整体法の源流であり最高峰とされています。
中国各地の大学病院には、鍼灸科とともに推拿科が設けられ、医療資格を持った推拿医師が整形外科疾患だけでなく、内科系、婦人科系、小児科系疾患など広い分野で活躍しています。

推拿は鍼灸、漢方と並ぶ三大療法の一つとされ、中国公式の医学療法です。

推拿の歴史

  1. あらゆる整体法の源流であり治療効果は群を抜いて高い
  2. 薬や器具、不必要な力に頼らない安全性の高い技術
  3. 「推拿魔術」と評される適応疾患の広さと即効性を誇る

推拿は鍼や薬、医療器具を使わず、疾病を治療・予防する手技療法です。
中医学的な四診法(望診・聞診・問診・切診)により証(診断)をたて、患部(皮肉筋骨)をつかさどる五臓六腑の関連経絡を選択し、経穴に刺激を与えて痛みや緊張を取り除きます。
他の整体法に比べ多くの手技があることや、独特な柔らかい手技、またその組み合わせにより体質や症状に合わせた治療が出来ることも特徴です。 またマッサージのように軟部組織に用いるものと、カイロプラクティックのように関節部に用いるものとの両面を兼ね備えており、様々な手技療法の長所を合わせ持っています。