推拿(すいな)、整体を学ぶなら、大阪・難波にあるオリエントセラピースクールへ

【お問い合わせ・資料請求】06-6632-6662 【受付時間】月~金 9:00~20:00 土・日 10:00~17:00
【お問い合わせ・資料請求】06-6632-6662 【受付時間】月~金 9:00~20:00 土・日 10:00~17:00
MENU

お知らせ

第三回上海研修記

2014年10月30日

まさに一生の宝となりました

この度の上海研修旅行は生涯忘れられないものになりました。

7
瑞金医院での推拿科の先生による推拿治療をすぐ間近で目の当たりに出来たこと、手技を動画で撮らせていただけたこと、また腰のヘルニアの講義では治療モデルにならせて頂き、力強く、それでいて繊細な先生の手技を体験出来たことは、まさに一生の宝となりました。

8
丸四日間にわたる練り上げられた旅のプランはどこもとても楽しく、毎日の食事も全て美味しくいただきました。

9
三日目、中医薬博物館に向かうバスの中で島田先生が滾法の手技をご自身の膝の上で練習されているところを見て涙が浮かびました。自分はもっと頑張らねば!と思い、十年以上先を行かれる先生に追いつくために、今までの十倍勉強しようと心に誓い、思い出多き旅をしめくくり家路につきました。
島田先生はじめスタッフ関係者の皆様、班行動に協力して頂いた班のメンバーの皆様、楽しい旅になりました。
本当に有難うございました。送り出してくれた家族にも感謝してます。

Comment.Nさん


 

感動しっぱなしの3泊4日

2011年12月8日~11日、上海研修に参加させて頂きました。

10
研修も観光も内容盛りだくさんで、非常に濃い充実した4日間でした。
第一目的の研修、上海交通大学医学院附属瑞金医院では、患者さんへの治療風景を見学させてもらいましたが、やはり本場の本物を間近で見ると、推拿のスゴさを改めて実感しました。患者さんがひっきりなしに待っていることも、その効果の証しであると思います。先生の流れるような柔らかい手技を見ていると、自分も早くこれをマネして練習したい衝動に駆られました。その後には別室で椎間板ヘルニアの講義や、一緒に行った生徒さんの体を使っての手技の説明など、大変貴重な時間を過ごせました。推拿の道は私にとってまだまだ険しい道ですが、本物に近づけるよう勉強するぞ!と改めて思いました。

11
観光では、豫園・新天地・外灘・田子坊・朱家角など、有名どころをまわり、食事もおいしく頂きました。変面劇や雑技団のショーにも圧倒されました。中国最後の夕食時、たまたま誕生日が近かった私にケーキを用意してくれ、みんなで祝ってくれたことが、個人的に一生忘れられない思い出となりました。本当に嬉しかったです。

12
上海研修に参加したことにより、新たに仲間も増え、交流も深まったと思います。
感動しっぱなしの3泊4日、参加して本当によかったです。

Comment.Iさん


 

改めて”推拿”の素晴らしさを実感

推拿と出会ったのは4年前。
推拿の勉強を本格的にしたいと思い、転職を決意し島田先生を追いかけて、このオリエントセラピースクールに入学し、今回初めて上海研修に参加しました。

13
今回の研修は三泊四日でした。
出発の飛行機が乱気流の影響で凄い揺れ続け、無事に上海に着くのか不安になっている中、約2時間で上海に無事到着。
空港到着後、みんなは一斉に安堵のため息・・・。
ほんと怖かったです・・・。
4日間で行った観光は豫園(よえん)・新天地・ワールドフィナンシャルセンター・田子坊・朱家角(しゅかかく)・上海雑技団・南京東路でした。
何もかもが初めての私は感動・感激しながら観光していました。
食べ物も美味しく、体重を気にしながらもついついお箸が伸び・・・いつも以上に食べてました(笑)。
観光も良かったですが何といっても、今回の目的は勉強!!

14
2日目の『上海交通大学医学院附属瑞金医院』では本場の推拿を見学し、授業をして頂き、改めて『推拿』の素晴らしさを実感するとともに、奥の深さを痛感しました。
直接自分の目で見ることにより、手技のリズムのイメージが膨らみ、今後のイメージトレーニングに役立てたいです。

15
3日目の『上海中醫薬大学中医薬博物館』では『推拿』の歴史を知り、昔の人の偉大さを感じることができました。
チョットしたハプニングは有りましたが、この上海研修に参加することができたことが とてもうれしかったです。

16
この様な貴重な体験・経験が出来たことに感謝しています。
本場の推拿に少しでも近づけるように『ゴッドハンド島田』先生指導の下、しっかりと勉強していき、また、今回の素晴らしいメンバーやオリエントセラピースクールの仲間と共に頑張っていきたいと思います。

Comment.Sさん

NEWSのTOPへ